2018年04月14日

できないものはできません

日々つれづれ 
「働き方改革」という怪しげな言葉を耳にするようになった昨今。
もろもろいいたいことはありますが、その余波で私の世を忍ぶ仮の仕事場も環境がだいぶ変わりました。

残業は決められた時間内で。
まぁ、当たり前のことなんだけど、残業をせざるを得ないシステムをまず変えろ。

無駄な紙の仕事を減らせ、新しくなった割に使えない端末をなんとかしろ、端末が使えない子なのにそれに負荷をかけて現場を混乱させるような変な営業すんな、コールセンターもっと教育しろあれじゃ電話取次所だ、
と、自分では改善使用のないことに振り回されて溜まるストレスをシャーロック・ホームズに癒してもらう日々。おっさん可愛いよおっさん。


できないことはやらない。これは勤め始めた当初から一貫して主張してる私のモットーです。
なので、イレギュラーで人が足りないときは、後回しに出来るものはざくざく切り捨てていきます。現場で最優先されるものを対処。お客さんからの、無茶な要望も、出来ないものはお断り。何を言われようができないものは出来ない。文句は現場じゃなく会社に言って、どうぞ。
だから、サービス残業とか、架空の休憩時間登録とか、絶対しない。休憩時間をとらせるのは会社側の責任であって、それができなかったとしても、従業員が責められるいわれはないのです。

でも、古くからいる人たちは、「法律だから」という上司の説明を、そのまま、「法律だから出来ないのは私たちの責任」と勘違いしてるんじゃないかと思う。
で、「これ以上残業しないで」と言われると、切っちゃうの、タイムカード。
別にいいよ、自分たちでやる分には。でもさ、新しい人が、真似するの。


最近新人さんが数名定着したんだけど、休憩時間になるたびに、交替の時間になると、「すみません」を言われるの、すごいイラッと来る。それは全員の権利なのに、なんで謝るの。なんか悪いことしてるの。時間になったら帰るの当たり前じゃないの。

それと、勤務時間が終わっても、受付が込んでると、過剰に手伝おうとするの。あれ、やめて欲しい。
そのシフト時間のメンバーで回らないのに、回ってるように見せかけたら、人手が足りないのが上に伝わらない。その時間のことは、その時間にいる人の問題で、残業は、自分の時間に終わらなかった自分の仕事を片付けるためにするものだ。人の仕事を背負い込んでまですることじゃない。

陰で言わないで本人に言え? いや、言ってるよ。私が本人に言わないわけないでしょう。
でも、帰らない。
「ダメです」って、ダメなのあんただよ、帰れっていってるんだから帰ってくれよ。
こちらが気を遣って「帰りなさい」と言ってるように思ってるのか、出来ないことを頑張るのが美徳とでも思ってるのか判らないんだけど、
私はオブラートに包むことはあっても心にないことは言わないよ。日本語はその通りに受け取ってほしい。

あとは、何度説明しても新人のように同じ質問を繰り返す、もしくは全くどうでもいい疑問で前に進めなくなる、そろそろ半年になると思われる人とか。悪気はないだけに、対処でものすごい消耗する。私見た目ほどいい人じゃないんだけど。


接客業でただでさえ外からのストレスを受け流すの大変なのに、中からもストレスかけられてもうなんというか。
早く一山当てて勤務時間減らしたい。親切な匿名の石油王が以下略

じがぞお






河東ちか@chikakwh at 21:37│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
つぶやいてます
ゲーム・バイク・映画・読書・文章書きを中心にいろんなことを楽しむおとなのおねーさんです。  当然ながら本ブログの無断転載を禁止します。
つくったものいろいろ
ゲームのアバターとか
 ・ローズオンライン6周年記念アバター


しーなちゃんのコンビニ日記 日常編
 ・第一回ライトなラノベコンテスト最終選考エントリー &電子書籍化
QRコード
QRコード